消費者金融審査

審査に落ちる人通る人

キャッシングは大手消費者金融や信販会社、銀行で扱っているカードローンで申込が出来ます。消費者金融は銀行カードローンに比べて審査に通りやすいと言われていますので、給料をもらって普通の生活をしていれば審査に落とされるという事はまずありませんが、申込をしたからといって必ず通るとは限りません。

 

当然ながら審査に通る人、落ちる人も出てきます。

ただ、審査で何が重要視されるのかがわかれば審査に通る可能性は高くなります。

 

審査はどこに重点を置くかで変わってくる

キャッシングの審査内容は公表されていないので解りませんが、キャッシング会社は、優良な顧客と契約する事を目的としています。もちろん収入や職業形態は重要な審査項目になりますがそれだけで判断するのではなく、申込者のさまざまな要素を考慮して審査をおこないます。

 

与信は、コンピューターで瞬時に判断出来るようにしたスコアリングシステムを使い、申込書に記入した職業や年齢、勤務先などの属性に基づくものや、借入状況や利用状況などが記載された、信用情報機関の個人情報に基づいて判断します。

 

属性が高いか低いかで判断される

キャッシング業者は、まず申込をした人の情報を、すべての項目をコンピューターで点数化し、点数の高低によって融資が可能か、可能ならいくらまで貸せるかを判断します。

 

たとえば勤務先は個人企業<大手企業<公務員と順に高くなります。
ただ、年収は一部の銀行を除いて、いくら以上なければならないという事はありません。

 

重要なのは年収より、勤続年数が重要視されます。

同じ会社で長く勤めていれば信用度は高くなりますが、いくら給料が多くても勤続期間が短ければ評価は低くなります。

 

審査に通りやすくする方法はある?

審査項目には、勤務先や社会保険の種類など、いますぐにはどうする事も出来ない項目がありますが、反対に自分でどうにか出来る項目もあります。
それが信用情報期間の個人情報です。

 

信用情報なら、その実績をきれいにしておくだけで、審査に通りやすくなります。

 

たとえば、「いちどにたくさんの申込みをしないこと」や「借りては返すを繰り返し、実績を積むこと」「返済の延滞は絶対に避ける」「借入件数を少なくする」などは自分で信用力を高めることも可能なので、自分の信用情報を常にきれいにしておけば安心です。