消費者金融審査

お金が無いときに頼れるのが、消費者金融でのキャッシングです。
人気ランキングでも上位の大手消費者金融は、最短で30分回答と審査が非常に早くなっているため、申込みから融資まで、時間をかけずに手続きが進められます。

 

審査回答が早ければ、その分融資までの手続きも早いことになりますので、突然の出費でお金をすぐに用意しなければならなくなった時でも、消費者金融なら、希望通りのキャッシングが出来る可能性も高まります。

 

消費者金融の即日融資

 

大手消費者金融は、申込み当日の即日融資に対応しています。

パソコンやスマートフォンから申込みを行い、短時間で審査が終わり、契約が終われば即日融資となり、銀行口座へ振り込みによる借入れが可能です。

 

振り込み融資で借りられれば、申込みから借入れまで、店舗や契約機まで行く必要もないので、文字通り来店不要で手軽に借りることが可能です。

 

ただし、銀行振り込みでの融資となるので、決められた時間内に手続きを終えないと、当日中の扱いになりません。

 

大手の消費者金融は、基本的に、平日14時を当日振り込みの対応可能時間としているところもありますので、Web契約による振り込み融資を利用する際には、契約を完了しておかなければならない時間を調べ、余裕のある手続きを進めましょう。

 

審査で本人確認書類や、収入証明書類などが必要になりますが、スマホなどで撮影した画像を送信すればOKです。

 

消費者金融や銀行の審査の特徴

消費者金融は審査が早いのが特徴ですが、いくら審査スピードが速いといっても、審査に通らないとなんの意味もありません。消費者金融の審査のスピードは確かに重要ですが、それ以前に重要なのが借りられるかどうかです。

 

消費者金融のキャッシングは、貸金業法の改正で総量規制が完全施行となり、融資限度額は年収の3分の1以内となっています。まずは、申込み前に3分の1を超えていないかを確認し、申込み内容も不備がないかをしっかりと確認することが重要です。

 

嘘の記載は必ずばれる

 

また、お金に困った、どうしても借りたいからと申込書に嘘の内容を書いて審査を受ける方がいます。よく見られるケースは年収を多く書く、他社の借入残高を少なく申告するなどです。

 

カードローンの審査基準は、年収や他社借入れ状況も大きな要素になります。

年収が高ければ審査でも有利ですし、借入件数や借入残高が少なければ、審査に通る可能性も高くなるのが一般的です。だからと言って、年収などの嘘を記載するなど、虚偽の内容で申込みをしても、審査には有利にはなりません。

 

虚偽内容で申込みをしても審査に有利になることはなく、実際は不利になるばかりです。信用度が重要視されるキャッシングの契約では、嘘をつく人は信用ができないとされて、審査で落されてしまいます。また、中には嘘がばれなければいいとか、虚偽だとは分からなければ問題ない、と考える方もいるかもしれませんが、大きな嘘は必ずばれます。

 

ばれる要因のひとつに信用情報機関への個人情報の照会です。

借入れの際の利用履歴などを含めた個人情報が記録されており、直近6か月分の申込み履歴も記録されています。

 

年収などの収入に関する記録はありませんが、今まで数え切れないほどの審査を行ってきている金融機関や貸金業者からすれば、勤務先や年齢、勤続年数などの様々な視点から正しい情報なのかは簡単に見分けてしまいます。

 

信用情報機関に記録されている情報を元に、最終的には人の目で正しい内容で申込みをしているかの判断がされますので、嘘の記載は審査で必ずばれると言えます。

 

虚偽の記載以外に気を付ける事

嘘をついたつもりはなくても、申込み時の入力内容を間違ってしまうと、嘘と判断される場合があります。たとえば携帯電話の電話番号や勤め先の電話番号を間違えて記入した場合、正しい入力内容なら素早く手続きが進んだはずなのに、間違いがあったため、確認に時間がかかり、結果として審査回答が翌営業日以降に持ち越されることもあります。

 

早ければ最短即日回答となるなどの大手消費者金融のカードローンも、ミスによって時間がかかる場合もあります。

 

申込ブラックにならないように

 

申込みブラックとは、短期間のうちにいくつものキャッシング会社へ申込みをしている人の事で、消費者金融はもちろん、銀行のカードローンやクレジットカードなども同じです。

 

申込みブラックになってしまうと、キャッシングやカードローンの審査に非常に通りにくくなってしまいます。申込ブラックは、これまで延滞をせずにきちんと貸金業者からのお金を返済して来た人でも、申込みブラックになる可能性はあります。

 

では、どうして他の貸金業者や信販会社に申込をしたことが分かるのかという事ですが、その理由は信用情報機関の個人情報にあります。

 

貸金業者や信販会社は申込みを受けると、業者は信用情報機関に照会をして、申込者の情報を信用情報機関から得られる仕組みになっています。なぜ信用情報機関から、申込みに関してどのような内容の信用情報が開示されるのでしょう。

 

信用情報機関にはいくつかの情報機関があります。

そのひとつであるCICの場合、申込み情報として、「登録元会社」(申込みを受けた会社)、申込みをした人の「氏名」「生年月日」「電話番号」「照会日時」「照会区分」「申込区分」などの情報が開示されます。

 

貸金業者が特定の個人情報の情報開示できるのは、そのユーザーから申込みがあった時だけでと決まっています。申込み情報の件数が多ければ多いほど、そのユーザーは多くの貸金業者に申し込みをしている証になってしまいます。

 

このように、お金を借りるには守らなければならない事が有るので、自分で出来る事は、出来る限り審査に通るような努力をするという意志が重要です。