消費者金融審査

免許証だけでお金は借りられる

一般的に銀行などでお金を借りようと思った時は、面倒な手続きや、多くの書類を用意しなければならないというイメージがありますが、キャッシングは運転免許証があれば、お金が借りられるサービスで、消費者金融や銀行カードローンで申込が出来ます。

 

免許証は、交付さえ受けていれば、常に持ち歩いているものなので、お金を借りたいと感じた時、書類を用意するというわずらわしさは感じません。

 

必要書類は運転免許証だけ

即日融資で借りる場合、銀行よりも消費者金融のキャッシングが優れています。

契約した後の利用方法は消費者金融も銀行も変わりありませんが、とにかく早くに借りたいと考えるなら多少金利が高くなっても消費者金融が良いでしょう。

 

ただし、即日融資を申込んで当日融資を受ける時は、時間的な制約があります。
大手消費者金融なら審査回答は最短30分、振込みによる即日融資は平日14時までに契約や手続きを完了させる、とその日のうちに口座へお金を振込んでもらえるので安心です。

 

収入証明書類が必要になる場合もある

消費者金融でお金を借りる場合、運転免許証だけで借りられるのは、借入希望額が50万円以下、または既に他社で借り入れがある時は、その借入残高と借入希望額を合わせた合計が100万円を超える場合は、別途収入証明書類が必要になります。

 

銀行カードローンなら100万円以下は不要のカードローンや、200万円、300万円でも不要のカードローンがあります。しかし、即日融資でお金を借りたい時は、出来るだけ簡潔に審査を終えたいので、これらの書類が不要な範囲の借入希望額にする事が、即日融資を受ける時のポイントです。

 

画像保存は鮮明に

運転免許証はスマホのカメラやデジカメ、スキャナで読み取って画像化したものを、メールでの送信や指定のURLへのアップロードする事になります。特にスマホのカメラを使用する場合に注意しなければならないのは、鮮明に写すという事です。

 

画像がぼやけている場合や、画像が小さすぎて文字が読めないような場合、再度の提出を求められる事があります。再送信が遅れればそれだけ手続きも遅れてしまうので、画像は送る前に確認してから送りましょう。